2019年01月07日

吉野水分神社 建築に荘厳された聖なる空虚。

こんばんは。渡辺菊眞です。

年末は29日にD研究所のメンバーと吉野分神社に参拝にいきました。
初詣ならぬ、年収めの参拝といった感じでしょうか。

吉野水分神社は蔵王堂がある吉野修験行場の入口あたりから、奥に向けて4.5kmほど進んだ場所にある神社です。
蔵王堂門前に並ぶ吉野建て(崖に張り出した懸け造り建築)建築群が一旦尽きて、家一つない寂しい道を
歩きつつ、最後に神社門前に小さな村落が迎えてくれる、そんな場所にある神社です。


DSCN1107.JPG

本殿形式は特殊で、真ん中に春日造りの社殿が鎮座し、左右の相の間を介して三間社流れ造り(千鳥破風付き)が接続して全体に大屋根が架かるというものです。言葉は幼稚ですが、素直に格好いい社殿だといつも感じています。

水分神社はその名の通り、谷筋の源に位置し、水を守る神社です。


社地は狭小地であり、どうにか確保した長方形の平地をロの字型に囲いこんでいます。下の写真ですと向って左が本殿、向って右が拝殿です。
神門は矩形の短辺に位置するため、門をくぐると左右に分たれた拝殿と本殿の間にある空隙に導かれます。

DSCN1108.JPG

神門はモノトーンの他の社殿に比べるとひと際華やかです。

DSCN1112.JPG

また本殿と向き合う拝殿は質実な建築であり、重々しい暗がりを内にたたえています。

DSCN1111.JPG

さて、この拝殿ですが、裏側に回り込むとかなりの懸け造りであることがわかります。

DSCN1117.JPG
DSCN1114.JPG

拝殿裏にある裏廻廊が宙に浮かびます。厳しい風雪に耐えて屹立する建築の姿が心に迫ります。

DSCN1108.JPG

懸造の拝殿は、建築成立の順序の証としてよく語られます。神さまの建築である本殿が先に平地を確保して立ち上がり、そのあとに形成される人の参拝場所である拝殿が平地不在のために懸造りにならざるを得ないというものです。

吉野水分神社の空間を改めて見るとき、厳しく立ち上がる拝殿の様相を中庭からは感じさせす、神の場への入口である神門を起点に左に質実な拝殿、右の高台に華やかな本殿があり、それに挟まれた何もない空虚が浮かび上がります。2つの横長建築に挟まれた奥行のある小さな平地こそが、神域であり、それを荘厳にするために社殿があるようにも見えます。谷奥の聖なる空虚。それが吉野水分神社ではないかと、思った次第です。



posted by 渡辺菊眞 at 20:48| Comment(0) | Spatial composition of Japanese Architecture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

佐賀の茅葺き民家その3 クド造の展開力。

おはようございます。渡辺菊眞です。
昨日、奈良から高知にもどってまいりました。

どうでもよいですが、私の居た時間ランキング(2019年現在)で、1位:奈良22年 2位:京都 17年 3位:高知10年
となっています。どうでもよいですね。。

さて、今回は前回に報告したクド造の応用編です。

DSCN1055.JPG

これは肥前鹿島市にある、旧乗田家住宅です。農家ではなく、江戸時代後期の武家屋敷です。

玄関側から撮影したものですが、コの字型の屋根を把握できません。「L型じゃないか」と思ってしまいます。
これはコの字の背中側であり、Lにみえるのはコの字の一辺が延長されてカタカナの「ユの字型」になってしまっているからです。

応用ポイントとして、コの字を形成するウイングを適宜延長させることが可能ということです。

次に応用とは違いますが、この武家屋敷、壁の立ち上がりが非常に高いです。以前紹介した山口家住宅と比較すると、
その差は歴然としています(下が山口家住宅)。

DSCN0990.JPG

その結果、茅葺き屋根が建築全体のなかでしめる割合が小さくなり、機能というよりは象徴としての屋根に転じているようです。

DSCN1079.JPG

コの字で生じる屋根の空隙幅も広くなり、雨落としの片流れ屋根も相当な幅を持ちます。前回紹介したものと比較するとその幅広さはより
はっきりします(下が前回紹介した農家としてクド造。コの字の空隙幅はとても狭い)。

DSCN1018.JPG

幅広になると、耐風性が落ちることが予想されますが、壁の頑強さ、そしてユの字にしたことで風向きに対抗するヴォリュームが出来たこと、
そして相対的に縮小した屋根の大きさで対応しているものと予測できます。

そして、幅広い雨落とし屋根は、当然のその内部に広い空間を用意します。

DSCN1075.JPG

内部に目を転じるとベンガラに彩られた洒落たダイドコ空間となっていることがわかります。

また、茅葺きの寄せ棟屋根の一部には小さな2階空間を組み込んでいます。下の写真は2階の「子供部屋」です。

DSCN1065.JPG

厳しい条件と制約のなかで成立した農家のクド造は武家屋敷となり、平面形状に自由度がうまれ、屋根は象徴としての役目に転じ、コノ字の
空隙空間も広さを獲得します。また屋根の中に2階がしこまれるなど、平面だけでなく立体的な自由度も増します。

その一方で原型が持つ根源性は当然うすまっていきます。

DSCN1060.JPG

ところどころにある吹抜けからのぞく茅葺き屋根の暗がりが、根源性の「尾てい骨」のように、その原型の厳しさを静かにしめしています。

武家屋敷のほかにも街道町にたつ、町家としてのクド造など、他の応用例もこの近辺でみかけました。

「原型と応用」。
「原型なき応用」がそのバリエーションを無限に広げている現在建築を思う時、いまいちど立ち止まって考える必要を感じます。
佐賀で出会った民家たちには、そんなことを感じさせてくれました。

どうもありがとうございました。見たことが無駄にならないよう、改めて精進したいと思います。
posted by 渡辺菊眞 at 08:01| Comment(0) | Spatial composition of Japanese Architecture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

佐賀の茅葺き民家その2 クド造の民家

おはようございます。渡辺菊眞です。

佐賀の茅葺き民家その2です。今回はコの字の茅葺き屋根を持つ、クド造の民家について御報告します。

DSCN1024.JPG

写真は多久市にある、移築された2つのクド造民家です。移築されているとはいえ、この近隣にクド造の民家は多く、この地域周辺に
多くみられる民家の形式だといえます(漏斗造の民家よりは随分北方です)。

DSCN1048.JPG
DSCN1018.JPG

それにしても、コの字で生まれる空隙のこの狭さ。もっと離すか、寄せ棟ひとつでまとめたら、など思ってしまいますが、これができないのは
先にあげた諸説によります。おさらいすると、

巨大寄せ棟屋根(この勾配のまま寄棟でまとめると超巨大な屋根になってしまいます)は冬の強風に耐えられない。
同じく、距離のあいたコの字だと、耐風対策の屋根として機能しがたい(風に対して平べったくなるので)。
使用できる梁に制限がある。

などです。

コの字になることで、漏斗造とは違って内樋にすることから開放されます。

コの字にはさまれた空間には極小の片流れ屋根がかかります。これは雨落としのための屋根ですが、この下にできる独特な小空間は、
活用すべき空間として積極的に意識されていきます。

DSCN1038.JPG

漏斗造の場合は漏斗下にできる空間と、下にあてがわれた室はほぼ連動なかったですが、クド造の場合はこの狭いながらも独特の空間形状
を意識した平面が組み込まれています。

コの字のクド造は、独特な屋根形式を持つとはいえ、何かここを起点に応用が効く形式であることが予感されます。
例えばコの字のウイングの一部を延長する(幾つもの延長パターンが予想されます)とか。。

DSCN1027.JPG


この応用が効きそうな空間性ゆえか、漏斗造と比較すると、この形式の民家はまだ数多く見ることができます。
具体的にはどんな応用が可能なのか?そんな応用編については、次回に御報告します。

渡辺菊眞

posted by 渡辺菊眞 at 10:30| Comment(0) | Spatial composition of Japanese Architecture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

佐賀の茅葺き民家その1。漏斗造。

おはようございます。渡辺菊眞です。

今回から昨年末に見た佐賀の茅葺き民家について御報告したいと思います。

まずは漏斗造の民家。
漏斗造りとは寄せ棟屋根の中央に、逆ピラミッド型、すなわち漏斗がある屋根形式を持つ民家のことです。
写真は国指定重要文化財の山口家住宅です。

DSCN0986.JPG

漏斗造である結果として、内部には漏斗が垂れ下がり、その最下部から内樋が外部に向けて貫通していきます。
なぜ、寄せ棟屋根にしきらないのか? ここには諸説があるようです。

使用できる梁の長さに制限があった。寄せ棟屋根を立ち上げきると冬期の強風に耐えることはできない(すっとんでいく)。などなど。

DSCN0985.JPG

いずれにしてもかなり特殊な屋根形状であり、さらに、ロの字型という自己完結的な形状ゆえに、この形式を保持するか、破棄するか。
という2択を迫られるようです(これを保持して部分的に増築をするなどの展開はほぼ見られません)。

ある種、強固な覚悟の上になりたつ空間形式だと感じました。この地に50年ほどまえには数多くあった漏斗造民家も、その多くは消失、
あるいは屋根形式を全く変えてしまうなど。そのことにより、その姿を見るのが難しいというのが現状です。

DSCN0990.JPG

外壁の最も低い箇所では1500mmしかなく、そこから大屋根が獣よろしく立ち上がっていきます。

DSCN1001.JPG

内部を貫通した樋はその舌先を雨水受けの桶に伸ばします。

DSCN0997.JPG

現在、山口家はご主人の山口さんが居住しながら家を守っておられます。穏やかな口調で家のことをお話してくださりましたが、その困難さや
家をまもっていくことの覚悟、そしてその迫力を感じました。

安直なことは言えないですが、例をみない珠玉の民家だと感じます。残っていって欲しいと切に願う住宅でした。
posted by 渡辺菊眞 at 09:52| Comment(0) | Spatial composition of Japanese Architecture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

原点回帰の2019年。ゼロからふたたび。

あけましておめでとうございます。渡辺菊眞です。

今年2019年は亥年。私は亥年生まれ。ということで年男です。

D研究所が発足したのは2007年1月1日。やはり亥年でした。
当時は単なる任意団体であり、一級建築士事務所になったのはその1年後です。

dnenga2019-2.jpg

いずれにしても発足から12年がたったわけです。
昨年はさまざまな設計業務が重なり、いろいろやりがいがあると思いつつ、その一方で忙殺され、根元が見えにくくなるとい
う反省の多い年でもありました。このまま進んでもロクでもないと直観した次第です。

そこで、亥年のはじまりを機に、改めてD研究所は原点回帰したいと思います。ゼロからの再開です。
しかし、この12年間がゼロというわけではありません。蓄積をエネルギーに変えてゼロから走りだします。

D研究所は、ワクワクするなら絶対やる。逆に心に響かないことはしない。というのが発足当初からの基本姿勢です。
これはただのわがままではなく、一見可能性がないように見えることも、ワクワクしうる道筋へと展開させることが
基本となります。

今年はすべてワクワクし、内的環境に響くような建築をつくりあげたいと誓っております。

ゼロから始動するD研究所をこれからもよろしくお願いいたします。

D環境造形システム研究所 渡辺菊眞 高橋俊也 片岡鉄男 三島宏太 城田和典

DSCN1121.JPG

追伸、D研究所=宙地の間から拝んだ初日の出です。

posted by 渡辺菊眞 at 09:20| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。