2010年10月05日

南シューナ施設の写真アップ。

こんにちは。渡辺菊眞です。

高知は日中はやや暑いくらいですが、夕刻を過ぎるとグッと冷え込みます。日夜の温度差で体調を崩さないように気をつけたいと思います。

さて、今更の感はあるのですが、南シューナ・コミュニティセンターの写真をアップいたしました。しばらく中途半端な状態でページを放置していたので、やっとスッキリできました。雑誌にも紹介されてはいるのですが、そこでは公開されてない写真もアップしています。

fromwest02-ww.jpg

この施設、ヨルダンではもうほとんどいなくなってしまった石工さんを探し、彼と協力しながら手探りで石造建築の設計をし、そこにRC造と土嚢建築造を混淆させ、さらにはパッシブシステムを採用するなど、かなり画期的な試みとなった建築でした。そのこともあり、とてもとても思い出深い建築であります。

今後は、施工中の写真、そして竣工から数年経った写真なども適宜、ご紹介したいと思います。
まずは、ご覧戴けたらと思います。

それでは、また。
posted by 渡辺菊眞 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | International contribution by architecture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック