2010年12月31日

2010年最後のご報告。

こんにちは。渡辺菊眞です。

今年もあと数時間で終わりを迎えます。今年は高知にD工房がたちあがり、大学の研究室のメンバーと金沢21世紀美術館で土嚢のいえをつくったり(高嶺格「Good House ,Nice Body いい家、よい体」第二章 高嶺格・渡辺菊眞「Good House いい家」プロジェクト」)と、新しい動きがいろいろある一年でした。明日からはじまる来年は今年いろいろ実験的にはじめたことに本格的に取り組もうと思っています。

さて、年末ギリギリですが、明日1月1日〆切のガーナの国際コンペの審査をなんとか終えました。結果は1月7日に報じられます。
また、報告しますが、かなり興味深いプロジェクトが多かったです。

あと、明日アップ予定の「月評」1月号ですが、今回はコンペ審査に集中していたこともあり、休載です。江崎氏はハイチ復興支援、高橋氏は墓地空間の集中調査で、各人時間がとれませんでした。休載の弁と、付録だけはなんとか設けてますのでよければ、ご覧ください。

では、では、また明日、新年の挨拶でお会いしましょう。


posted by 渡辺菊眞 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック