2011年01月02日

2011新年のご挨拶。

tobira2011.jpg

こんにちは。渡辺菊眞です。

2011年1月1日をもって、D環境造形システム研究所はちょうど5年目を迎えます(研究所開設は2007年1月1日です)。

この間、「東アフリカエコビレッジ」、「ヨルダン南シューナ地区コミュニティセンター」という海外のプロジェクトも竣工し、研究所開設前に小生が手がけた「角館の町家」も築100年の曳家部分の町家が登録有形文化財に指定されるなど、さまざまな展開がありました。

今年は、原点回帰の年と考えています。
これまで数々試みてきた土嚢建築の検証とそれをもとに新たな空間構成の展開を再度検討したいと思いますし、幾つかのケーススタディを経た「太陽の家」プロジェクトももう一段階、先に歩を進めたいと考えています。おそらくガーナのプロジェクトも動きはじめますので、ここで「Dの建築」の構築作業に入りたいと思います。

「すぐこことはるかかなたをつなぐ」この基本指針は開設から変わりません。こんな場所の創造をより具体的に目指したいと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

D環境造形システム研究所 所長 渡辺菊眞


posted by 渡辺菊眞 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。