2015年06月09日

宙地の間28 ー日時計1ー

こんばんは、片岡鉄男です。

昨夜から今朝にかけて、たくさん雨が降った奈良。
普段はシトシト雨なことが多いので、高知県民としては久しぶりに雨らしい雨を見て、
なんだか嬉しくなっておりました。(現場にとっては悩みの種でしかないのですが・・・)

そんなことはさておき!本日ついに資材が現場に運び込まれ、
待ちに待った日時計の加工・取付け作業が始まりました!

WP_20150609_004.jpg
現場2階に搬入、積み上げられた材。現場で加工され、日時計のアーチを形成します。

WP_20150609_003.jpg
施工図を開いて、加工・取付けの手順を入念に検討。
少しピリピリしつつもなんだか楽しそうな大工さんたち。

WP_20150609_007.jpg
まずは作戦通りに墨出し。
間違えないよう慎重に進められます。

WP_20150609_012.jpg
そして、日時計の架かる梁、

WP_20150609_021.jpg
日時計本体(アーチ部材)の刻みに入ります。
部材の反りや捻れに応じて調整を加えながら刻んでいきます。

WP_20150609_022.jpg
記念すべきひとつめの部材、設置完了!


ですが、手順の検討・墨出しに時間を割いた事もあり、残念ながら本日の作業はここまで。

これではまだまだ日時計の全容はわかりませんが、明日以降も作業は続きますので、
継続してご報告させて頂きます!お楽しみに!!

片岡鉄男

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420412242

この記事へのトラックバック