2019年01月07日

吉野水分神社 建築に荘厳された聖なる空虚。

こんばんは。渡辺菊眞です。

年末は29日にD研究所のメンバーと吉野分神社に参拝にいきました。
初詣ならぬ、年収めの参拝といった感じでしょうか。

吉野水分神社は蔵王堂がある吉野修験行場の入口あたりから、奥に向けて4.5kmほど進んだ場所にある神社です。
蔵王堂門前に並ぶ吉野建て(崖に張り出した懸け造り建築)建築群が一旦尽きて、家一つない寂しい道を
歩きつつ、最後に神社門前に小さな村落が迎えてくれる、そんな場所にある神社です。


DSCN1107.JPG

本殿形式は特殊で、真ん中に春日造りの社殿が鎮座し、左右の相の間を介して三間社流れ造り(千鳥破風付き)が接続して全体に大屋根が架かるというものです。言葉は幼稚ですが、素直に格好いい社殿だといつも感じています。

水分神社はその名の通り、谷筋の源に位置し、水を守る神社です。


社地は狭小地であり、どうにか確保した長方形の平地をロの字型に囲いこんでいます。下の写真ですと向って左が本殿、向って右が拝殿です。
神門は矩形の短辺に位置するため、門をくぐると左右に分たれた拝殿と本殿の間にある空隙に導かれます。

DSCN1108.JPG

神門はモノトーンの他の社殿に比べるとひと際華やかです。

DSCN1112.JPG

また本殿と向き合う拝殿は質実な建築であり、重々しい暗がりを内にたたえています。

DSCN1111.JPG

さて、この拝殿ですが、裏側に回り込むとかなりの懸け造りであることがわかります。

DSCN1117.JPG
DSCN1114.JPG

拝殿裏にある裏廻廊が宙に浮かびます。厳しい風雪に耐えて屹立する建築の姿が心に迫ります。

DSCN1108.JPG

懸造の拝殿は、建築成立の順序の証としてよく語られます。神さまの建築である本殿が先に平地を確保して立ち上がり、そのあとに形成される人の参拝場所である拝殿が平地不在のために懸造りにならざるを得ないというものです。

吉野水分神社の空間を改めて見るとき、厳しく立ち上がる拝殿の様相を中庭からは感じさせす、神の場への入口である神門を起点に左に質実な拝殿、右の高台に華やかな本殿があり、それに挟まれた何もない空虚が浮かび上がります。2つの横長建築に挟まれた奥行のある小さな平地こそが、神域であり、それを荘厳にするために社殿があるようにも見えます。谷奥の聖なる空虚。それが吉野水分神社ではないかと、思った次第です。



posted by 渡辺菊眞 at 20:48| Comment(0) | Spatial composition of Japanese Architecture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。